SSブログ

常夜灯(ナツメ球)を18灯LEDに交換 [LED]

 口金サイズがE12の18灯LEDを買ってみました。第一印象は「でかい」です。
 消費電力はナツメ電球の1/3以下で、1灯LEDの3倍程度。少し省エネで明るさは1灯LEDの3倍と目論んだのですが・・・

s-IMG_5961.jpg
左:18灯LED(1.4W)  中:1灯LED(0.5W)  右:ナツメ球(5W)

 

 以前100均で1LEDのナツメ球を買って付けてみましたが、暗すぎるのですぐに取り外していました。3LEDのものも400円前後で売っていますが、大して明るくないらしい。もっと明るいE12口金のLED電球は無いものかと探していたら、コレを発見。1.4WでLEDが18個付いたものなら明るいだろうと思い、買ってみました。

s-IMG_5955.jpg
ヤザワアウトレットで購入したLED電球(黄色)。電球色も買ってみました。(各399円)


 最初に取り付けたのは、和室の吊り電灯。しかし、電灯本体のソケット周りの穴径が小さくてLEDランプが根元まで入らず、点灯しませんでした。
 で、次に試したのが別の部屋のシーリングライト。こちらは問題なくソケットに入りました。

s-IMG_5974.jpg
でも、予想より遥かに暗い・・・。なんで?

s-IMG_5976.jpg
ナツメ球の明るさはこんな感じです。

おかしいなあと思いつつ、別の部屋のシーリングライトに取り付けてみました。
s-IMG_6004.jpg
おっ、明るい!

s-IMG_6003.jpg
ナツメ球の場合はこんな感じ。

s-IMG_6010.jpg
カバーを付けるとこんな。(ナツメ球)

s-IMG_6009.jpg
LED18灯の場合。

 でも、この部屋では常夜灯を点ける機会はありません。そこで、最初に試した和室の電灯への取り付けを再度チャレンジしました。本体のソケット周りの穴をヤスリで直径2mmほど拡げたら、何とか奥まで入りました。

s-01.jpg
ナツメ球の光り方はこんな感じ。

s-02.jpg
点いた! 十分明るい。

s-03.jpg
レンズカバーを外してみると、こんな感じ。(ねじれば簡単に外せます。)

s-04.jpg
電球色は黄色より明るい。でも色味は白っぽい。(青味が強い)

 結論:これは使える。 

  • 18灯LEDは常夜灯としては十分すぎる位の明るさです。
  • 取り付ける機器によっては、なぜか暗い。
  • 色味は電球色よりも黄色のほうがナツメ球に近い。
  • レンズカバーを塗装するなどして、もう少し暗くして使うと良いかも。
  • 壁のスイッチがほたるスイッチの場合は要注意。

 ほたるスイッチだと、スイッチを切っても微弱電流でLEDの電球はぼんやりと光ります。このランプの場合は、ぼんやりではなく、はっきり光っています。

s-07.jpg
壁のスイッチを切っても、こんなに光ってます。(本体のプルスイッチを引けば消えます。)

 最初に試したシーリングライトは4,000円位で買ったノーブランドもの(リモコン付き)。こちらは暗くしか光りませんでしたが、次に試したタキズミの7,000円位のもの(リモコン付き)は十分に明るく光りました。なぜだろう?また、どちらのシーリングライトも壁のほたるスイッチを切ったら完全に消灯しました。

s-IMG_6019.jpg
乳白色のプラスチックを円く切って嵌めたら、いい感じの光り方になりました。(左)

ちなみにLED電球に替える事で、電気代は1ヶ月30円掛かっていたのが8円になる程度です。
(しょぼ。)




タグ:LED 交換 エコ
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 6

degochi

22円んの差が2年経てば400円超えて元を取れるわけですから、賢い変更ですよね。
取り付ける機器によって暗いのは、シーリングの機器の中にナツメ球を保護するための抵抗が一律で入っているからかも知れませんね。
そればっかりは、中身見てみないと分かりませんが。
いつも着眼点が面白くて楽しみにしています。今後も面白い記事を楽しみにしています。
by degochi (2009-10-25 00:43) 

oink!

>degochiさん
コメントありがとうございます。
記事を楽しみにしていただいていることは、励みになり、嬉しい限りです。

暗くしか光らなかったライトは、他のライトより明らかに早くナツメ球が切れるので、高い電流が流れているのかと予想していただけに不思議です。

大きな省エネに期待して、次は60W級のLED電球を試してみようと考え中ですが、一番欲しいのはサークル管型のLED。どこかで発売されると嬉しいのですが、難しいのかな。
by oink! (2009-10-26 08:45) 

まぁ

LEDの蛍光灯は、いま一押しみたいですね。
仕事上いーぱい売り込みに来ます。(もーうんざり;)
直管のは山のようにありますがサークル管は、ググっても出ませんね。

リモコン式のライトはリモコンでoffだとトランジスタでoffしているから、トランジスタ周りに付いているCRの漏れ電流と、ホタルのネオン管を通してLEDがプチプチと点灯しちゃうんですね。

LED電球が双方点灯なのかわかりませんが、ノーブラのシーリングライトは蛍光灯調光のインバータを通してナツメも点灯させちゃっているので、ハーフブリッジだと片方向のLEDしか点かないので暗くしか点かないのかな。

当然波形も綺麗なサイン波では無いですから、白熱タイプの電球もそのストレスでフィラメントが切れやすいんじゃ無いんでしょうか。


と、想像ですけど。

by まぁ (2009-10-28 06:02) 

oink!

>まぁさん
直管しかないのは、ターゲットが法人だからなんでしょうか。
直管を改造するのも面白そうですが、近々コンシューマ向けにサークル管型が出てきてもおかしくないですよね。

シーリングライトはどちらもリモコン付きなのにノーブランドの方だけ暗いのは、おっしゃるようにインバーターを通してナツメ球を光らせているような気がしました。あきらめて、使える方と本体を付け替えてみようかと思っています。

和室のほたるSWをほたる無しのSWに交換したら、ぼんやり光ることは無くなりました。
60WレベルのLEDランプは、ほたるSWだとどうなんでしょうね。かなり明るく光っちゃうのかな。買って試してみようと思います。
by oink! (2009-10-28 21:32) 

正太郎

少しの節電でも、数多くの人が行えば電力のCO2の削減、原発が1つでも停まることを願うばかりです。


by 正太郎 (2013-06-21 13:37) 

oink!

正太郎さんこんばんは。
原発についてはいろんな考え方ができますが、節電を否定する理由は何もないですね。地球にもサイフにも優しく。取り替えるだけでいいので簡単です。
by oink! (2013-06-21 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。